カテゴリ:家庭クラブ

第66回 愛媛県高等学校家庭クラブ研究発表大会

8月7日(水)宇和文化会館で『第66回 愛媛県高等学校家庭クラブ研究発表大会』が行われました。

三瓶高校家庭クラブは、『三瓶愛・響き愛 ~I love 三瓶 We love 三瓶~』と題して家庭クラブ活動の発表を行い、最優秀賞を受賞しました。

 

  

 

この受賞は、来年度7月末に行われる『四国ブロック高等学校家庭クラブ研究発表大会』の愛媛県代表を兼ねることになります。

来年の発表に向け、新たな気持ちで地域と共に歩む家庭クラブを継続していきます。

 

みのり園4日目 最終日

 

みのり園一日介護体験活動も今日が最終日となりました。

緊張しながらも「相手の立場になる」ことを意識しながら行動していました。

利用者さんの飲み物を試食させて頂く経験も、相手の立場になる一つの方法です。

普段、慣れ親しんでいない口触り、喉越しに複雑な表情の2人です。

 

 

午後の明るい日差しの中、ゆっくりと車いすを押しながらの楽しい会話もありました。

塗り絵で交流。上の写真とは別人のいい笑顔です。

施設の方への感謝を込めて、体験レポートを真剣に書いています。

毎年三瓶高校生の為に介護体験の場を提供して下さり本当に感謝しています。

この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。

みのり園3日目

30日(火)みのり園介護体験活動参加者はソフトテニス部と卓球部の生徒6名でした。

オリエンテーションでは介護のコツをわかりやすく教えて頂きました。

「優しく手を添えて拭く」「あごが上になると飲み込みにくくなるので、上がらないようにスプーンを運ぶ」等々。

 

教えて頂いた「相手の立場になること」を念頭に、それぞれに利用者さんと触れ合っていました。

 

みのり園一日介護体験活動 2日目

今日は男子2名、女子2名の体験活動です。

男子2人が見入っているのは、介護保険証の見本です。

この体験活動前のオリエンテーションで、事務長さんから見せて頂きます。

初めて見る、手にする生徒がほとんどです。

    

午後からの活動に少しお邪魔すると、とても素敵な笑顔があふれていました。

素敵な歌声も響いていました。

利用者さんの一日が少しでも楽しく、明るくなるように生徒達も精一杯考えて行動していました。

今週はこれでおしまい。来週は10名が2日間に渡ってお世話になりますm(._.)m

 

みのり園一日介護体験活動 1日目

今年も始まりました。

三瓶高校1年生恒例の家庭クラブ活動。みのり園一日介護体験です。

始めに職員の方からのオリエンテーションを受け、男子は3階、女子は2階に分かれて体験しました。

 

 

介護の基本である『相手の立場になり、相手を理解すること。敬意と誠意を持って接すること。』

始めのオリエンテーションで教えて頂いたことを念頭に、時間いっぱい一生懸命に活動する姿が見られました。

わずかな時間ですが、貴重な体験の場を毎年提供して頂きありがとうございます。

明日は4名の生徒がお世話になります。