R01三瓶高校日記

2学期も残り少なくなりました。

昨日から暖かい日が続いています。

期末考査も終わり、2学期も残すところ、あと数日。生徒たちは授業に真剣に取り組んでいます。

2年生の美術の授業の様子です。

 

1年生はスタディーサプリに取り組んでいます。

3学期の始業式の日には到達度テストが行われるようなので、冬休み中にしっかり動画を視聴しておきましょう。

 

体育の授業では生き生きとバトミントンをする姿が見られました。

 

少しづつ風邪も流行し始めているようです。健康管理をしっかりと行い、残りの2学期を駆け抜けましょう!

 

語の日

 今日は今年最後の「語の日」でした。

 今回で第375号となる言葉だよりは、美術の高見先生に寄稿していただきました。

 「自分の可能性を信じること」と題し、

 フィンセント・ファン・ゴッホの生き方から学び、自分の可能性を信じようという内容でした。

 また、裏面には新語・流行語大賞2019年間大賞の話題も紹介されていました。

 

あいさつ当番

 冬の足音が近づき、毎朝の通学もつらくなるこの時期です。

 しかし、そんな気分も吹き飛ばすように、三瓶高校では、あいさつ当番が登校した生徒を大きな「おはようございます」の声で出迎えてくれます。

 今週のあいさつ当番は、華道部のみなさんでした。部長さんに話をうかがうと、自転車通学生のマナーも守れていて、あいさつもしっかり返してくれるとのことでした。ただ、あいさつの声が小さい人もいて、少し残念だったようです。

 華道部のみなさん、お疲れ様でした。

期末考査後の穏やかな学校生活

 昨日で2学期末考査も終わり、今日からはテスト返却!の授業も多く・・・。

 努力が実を結び(^o^)な生徒もいれば、努力が結果に繁栄されず(T_T)な生徒もいたようですが、

 穏やかな学校生活を送っていました。

 

 さて、報告が遅くなりましたが毎年11月に行われる『宮中雲子音楽祭』のお接待ボランティア。

 今年も11月10日の日曜日に家庭クラブ役員と生徒会役員を中心に行いました。

 

 南予地域だけの参加ではなく、東予や中予地域からの出場団体もあります。

 多くの方がこの音楽祭を楽しみに三瓶町文化会館に来て下さいます。

 「一期一会」を大切にしながら、どの生徒も心を込めてお接待していました。