新型コロナウイルス感染症対策について(お知らせ)

3月9日の新型コロナウイルスの拡大防止策を検討する政府の専門家会議では、「爆発的な感染拡大には至っていないものの、感染者数は当面増加傾向が続くと予想され警戒を緩めるわけにはいかない」と指摘し、新たな見解を発表しました。その上で、これまでに感染者集団(クラスター)が発生した場所の共通点は、「換気の悪い密閉空間」「人が密集していた」「近距離での会話や発声が行われた」という3つの条件が同時に重なった場だとして、この3つの条件が重ならないようにすることが対策になると示しました。

現在臨時休業中ですが、生徒の皆さんはこの専門家会議の見解を踏まえ、不要不急の外出は控える、発熱や軽い風邪症状は自宅で休養するなどの対応を継続してください。

 学校では、週に一度火曜日に担任から生徒へ家庭連絡をしますので、発熱・風邪症状などがある場合は、担任へ連絡をしてください。症状のある人には「健康状態記録表こちらからもダウンロードできます)」を届けますので、毎日の検温と体調を記入して様子をみてください。火曜日以降に発熱、風邪症状が出た場合も担任へ連絡してください。

 日常生活では、今まで通り、外出時に「マスクの着用を含めた咳エチケット」と普段から「こまめな手洗い」や「規則正しい生活」、症状のない人は屋外での活動や人との接触がない活動を心がけてください。

  一人一人が感染症予防のための行動をとることを期待しています。