メインメニュー
学校評価
愛媛県

2018年9月16日(日曜日)

厳しい戦い

カテゴリー: - 10mikame @ 17時57分33秒

男子ソフトテニス部です。

9月15日(土)、16日(日)の2日間、宇和島丸山公園庭球場にて、愛媛県高等学校新人大会南予地区予選が開催されました。

 

<大会成績>

【個人戦】

1回戦 浅井・石峯ペア 1−4 甲斐・内野(内子)

    浅野・山本ペア 0−4 平野・早川(宇和島東)

    菊池・宮本ペア 2−4 山本・野中(北宇和)

4回戦 北口・有馬ペア 1−4 亀井・砂田(南宇和)

 

【団体戦】

1回戦 三瓶 0−3 南宇和

敗者復活戦5・6位決定戦 三瓶 1−2 大洲

敗者復活戦7・8位決定戦 三瓶 1−2 津島

 

三瓶高校ソフトテニス部は、毎年この南予新人大会は思うような結果を残すことができず、悔しい思いをしています。

今年も例年同様、厳しい戦いを強いられました。

個人戦では、シード権を獲得していた北口・有馬ペアも含め、全員が初戦敗退してしまいました。

また、団体戦では敗者復活戦も勝ち上がることができず、団体での県大会出場を逃す結果となってしまいました。

個人・チームとしての目標を達成することが出来ず、顧問としても責任を感じています。

 

北口・有馬ペアは敗戦はしたものの、県大会への出場は決定しています。県大会へ向けて、もう一度鍛え直します。

ここから冬季練習に入ります。体力強化と基本プレーの徹底を図り、さらに努力していきたいと思います。

 

最後になりましたが、保護者の皆様、卒業生の皆さん、暑い中応援していただき、本当にありがとうございました。

この場を借りてお礼申し上げます。

 

 

                                 

                                 

 


2018年8月23日(木曜日)

成果と課題2

カテゴリー: - 10mikame @ 09時38分12秒

8月21日(火)、22日(水)の2日間、松山中央公園テニスコートで愛媛県高等学校ソフトテニス夏季大会県大会が開催されました。

台風が近づき、時より突風が吹くコンディションの中でしたが、個人戦、団体戦ともに実施されました。

 

<大会戦績>

(個人戦)

1回戦 北口・有馬(三瓶) 4−3 浅海・中野(新田)

2回戦 北口・有馬(三瓶) 4−2 片山・早川(宇和島東)

3回戦 北口・有馬(三瓶) 1−4 吉山・青野(済美)   ベスト16進出

 

南予地区予選をベスト8で勝ち上がった北口・有馬ペアでしたが、ベスト16に入り、県大会シード権を獲得することができました。

1回戦、2回戦ともに実力あるペアとの対戦ではありましたが、要所の大事な得点を落とすことなく粘り勝ちすることができました。

3回戦で第一シードのペアに負けてしまいましたが、新人戦に向けて更なるレベルアップを目指したいと思います。

 

(団体戦)

予選リーグ 三瓶 0−3 新居浜東

      三瓶 0−3 松山工業  予選リーグ3位敗退

 

団体戦では思うような結果を得ることができませんでした。新居浜東、松山工業ともに実力校であるために厳しい戦いは予想されていましたが、相手に関係なくサーブレシーブのミス等、単純なミスを連発する悪い流れをチーム全体で断ち切ることができませんでした。

この現状が今の自分たちの実力であることを自覚し、また一歩ずつ新人戦に向けて練習に励んでいきたいと思います。

最後になりますが、平日にもかかわらず応援に来ていただいた保護者の皆様、本当にありがとうございました。

 

                                 

                                 

 


2018年8月10日(金曜日)

成果と課題

カテゴリー: - 10mikame @ 19時23分07秒

男子ソフトテニス部です。

第27回高校ソフトテニス夏季大会南予地区予選が昨日、今日と宇和島丸山公園南庭球場で行われました。

 

<大会戦績>

【個人戦】

1回戦  北口・有馬 4−1 片山・和田(宇和島東)  菊池・宮本 4−2 紀伊・山本(八幡浜)

     浅野・山本 4−0 正岡・亀山(内子)    浅井・石峯 2−4 大野・高岡(大洲)

2回戦  北口・有馬 4−0 山本・松本(川之石)   菊池・宮本 2−4 山川・上原(南宇和)

     浅野・山本 0−4 久保田・菅原(南宇和)

3回戦  北口・有馬 4−2 横山・濱田(宇和島東)

準々決勝 北口・有馬 1−4 武花・武内(宇和島東)

敗者復活1回戦 菊池・宮本 0−4 福島・長田(宇和島東)  浅野・山本 4−3 山下・青石(八幡浜)

敗者復活2回戦 浅野・山本 2−4 井上・東(宇和島東) 

 

【団体戦】

予選リーグ 三瓶 2−1 宇和(不戦勝1,北口・有馬 4−0,菊池・宮本 1−4)

      三瓶 1−2 南宇和(浅野・山本 1−4,北口・有馬 4−2,菊池・宮本 0−4)

5〜8位決定戦 三瓶 2−0 宇和島南(北口・有馬 4−2,菊池・宮本 4−0)

        三瓶 2−0 八幡浜工業(北口・有馬 4−2,浅野・山本 4−2)

 

 

個人戦では一番手の北口・有馬ペアがベスト8に進出することができました。

国体予選でベスト8に入った自信を胸に、北口が落ち着いたプレーで終始有馬を引っ張ってくれたことが、この成績につながったと思います。

残念ながら第一シードのペアに敗戦してしまいましたが、それぞれの課題を解消すれば、さらに良い結果も得られると思います。

 

団体戦では、総合5位という結果を得ることができました。新チームは県大会出場を目標としていただけに、この好成績は素晴らしい結果だと思います。

一番手の北口・有馬が全試合勝利を収めて確実な勝ち星を得てくれたため、残りの2ペアも思い切ってプレーをすることができたと思います。

一年生ペアの菊池・宮本も思いきりの良いはつらつとしたプレーをしてくれました。まだまだ粗いところもありますが、今後に期待です。

また、浅野・山本ペアが5位・6位決定戦で見せた勝利は、間違いなくベストプレーだと思います。大金星をチームに届けてくれました。

本人たちも自分の長所が強いチームに通用したことを、これからの自信にしてほしいと思います。

 

県大会は8月21日(火)、22日(水)の2日間、松山中央公園テニスコートで行われます。

この結果に浮かれず、また基礎から練習に取り組みたいと思います。

 

                                 

                                 

                                 


2018年6月4日(月曜日)

ベストゲーム

カテゴリー: - 10mikame @ 16時24分36秒

男子ソフトテニス部です。

愛媛県高等学校総合体育大会ソフトテニス競技の部が6月2日(土)、3日(日)の2日間各会場で行われました。

 

<大会戦績>

〔個人戦〕1回戦 北口・浅野 2−4 木元・飯尾(新居浜東)

〔団体戦〕1回戦  三瓶 2−1 新居浜西 (原・櫻田 4−2 ,北口・浅野 2−4 ,清水・宮本 4−3)

     2回戦  三瓶 2−1 川之江  (清水・宮本 3−4 ,北口・浅野 4−1 ,原・櫻田 4−2)

     準々決勝 三瓶 0−3 松山北  (北口・浅野 3−4 ,清水・宮本 1−4 ,原・櫻田 1−4)

 

個人戦は初戦で惜敗してしまいましたが、団体戦では見事ベスト8に入ることができました!

 

団体戦1回戦の新居浜西高戦からファイナルセットにもつれる厳しい戦いでしたが、2番手清水・宮本ペアが最後まで気持ちを切らすことなくプレーした結果、なんとか辛勝することができました。

その勢いのまま迎えた2回戦。東予優勝校の川之江相手にこちらも苦しい戦いが続きました。

1戦目の惜敗で一度は諦めかけた勝利を、2戦目の北口・浅野ペアが相手の1番手に真っ向勝負を挑んで勝ちきると、最後は原・櫻田ペアが気持ちの入ったベストプレーを見せてくれ、勝利をつかむことができました。

 

の1年間で、一番のベストゲームを、大事な本番で見せてくれたように思います。

 

今年のチームは、過去最高の成績を残してくれました。国体予選個人べスト4、県新人団体ベスト8、初めての県選抜大会・・・そして今回の県総体と、大事な大会で結果を残してくれました。

県総体の団体戦では過去5年間未勝利で、ベストな結果を出すことが出来ず、試合後に悔し涙を流す選手を何度も見てきました。

 

しかし、今年のチームは本当に落ち着いて試合に臨むことができていました。1年間色々な大会を経験し、ひたむきに努力を積んできた結果からくる自信を胸に、相手に関係なく、今までやってきた練習の成果を全て出し切ろうと、1球1球気迫あるプレーをしてくれました。

選手の真剣な表情や、ガッツポーズする充実した表情に、私も嬉しくなりました。

 

これだけの結果が残せたのは、3年生7名のおかげです。私も色々な経験をさせてもらった彼らに、感謝の気持ちでいっぱいです。

今年の3年生は1人ひとり個性があり、その中で互いに励まし合い、競い合い、支え合ってきました。誰一人欠けていても、このチームは成り立ちませんでした。

 

個人個人の能力以上の結果が残せたのも、彼ら3年生を含むチームの絆があったからだと思います。3年生の皆さん、本当にお疲れさまでした。

 

最後になりましたが、会場まで足を運んでくださった保護者の方々、先生方、OBの方々をはじめ、三瓶高校ソフトテニス部を応援してくださったすべての方々に、この場をお借りして、お礼申し上げます。本当にありがとうございました。

 

                                 

                                 

                                 


2018年4月22日(日曜日)

その一瞬に ベストを尽くす

カテゴリー: - 10mikame @ 18時18分47秒

 

21日(土)、22日(日)の2日間、大洲平野総合運動公園テニスコートで南予総体が行われました。

<大会戦績>【個人戦】

(1回戦)

 原・櫻田  4−2 山下・丸山(八幡浜工業)

 木野・濱田 2−4 大森・都築(内子)

 浅野・有馬 4−3 松田・山田(内子)

 菊池・山本 0−4 金村・山本(川之石)

 浅井・石峯 1−4 吉良・丸永(南宇和)

(2回戦)

 北口・浅野 4−3 山本・福井(川之石)

 清水・宮本 4−0 ショート・立石(南宇和)

 原・櫻田  4−2 中西・細川(津島)

 浅野・有馬 0−4 橋本・上野(川之石)

(3回戦)

 北口・浅野 4−3 浅野・宮田(宇和)

 清水・宮本 1−4 武花・古谷(宇和島東)

 原・櫻田  2−4 福岡・坂本(宇和島東)

(決勝トーナメント1回戦)

 北口・浅野 2−4 宇都宮・宇都宮(八幡浜)

 

個人戦では一番手北口・浅野ペアが県大会出場を獲得しました。

 

調子の上がらない北口を浅野が上手くサポートし、厳しい2回戦、3回戦をなんとか辛勝することができました。

決勝トーナメント1回戦で惜しくも敗戦してしまいましたが、県大会でも活躍を期待したいと思います。

 

 

<大会戦績>【団体戦】

(1回戦) 三瓶 3−0 津島 (北口・浅野 4-0  清水・宮本 4-0 原・櫻田 4-2

(2回戦) 三瓶 2−1 南宇和(原・櫻田 1-4 北口・浅野 4-2 清水・宮本 4-3)

(準決勝) 三瓶 0−2 八幡浜(原・櫻田 3-4 北口・浅野 2-4)

 

団体戦では2回戦でシード校の南宇和に競り勝ち、ベスト4に入ることができました。

南宇和の試合はどの試合も手に汗握る接戦でしたが、最後まで粘り強く戦うことができた結果だと思います。

準決勝の八幡浜の試合も、2ゲームとも激戦でしたが、あと一歩及びませんでした。

 

12月の県選抜大会で敗戦した後から、冬季〜春季にかけてそれぞれの選手が自分の課題の解消に懸命に取り組んできました。

特にこの1ヶ月は自分たちにプレッシャーをかけながら集中して練習に取り組むことができました。

ときに結果が伴わず、伸び悩む苦しい時期もありましたが、仲間どうし支え合ってよく練習してきたと思います。

今日の団体戦は、3年生一人ひとりが強い気持ちを持って試合に臨んでいたように思います。1点1点にベストを尽くそうと、集中できていました

この2日間は3年生の成長を感じる2日間でした。自分たちでつかんだ、価値あるベスト4だと思います。

 

最後になりましたが、気温も高く暑い中2日間応援に来て下さった皆様、本当にありがとうございました。

県総体でもベストを尽くせるように頑張ります。

 

tennisnanyo (1).JPG 

tennisnanyo (3).JPG tennisnanyo (4).JPG

tennisnanyo (5).JPG tennisnanyo (6).JPG

tennisnanyo (7).JPG tennisnanyo (8).JPG

 

 


2017年12月26日(火曜日)

愛媛県高等学校ソフトテニス選抜大会

カテゴリー: - 10mikame @ 09時04分14秒

愛媛県高等学校ソフトテニス選抜大会の団体戦が昨日、県総合運動公園体育館で行われ、本校男子ソフトテニス部が出場しました。

 

<大会成績>  三瓶 0−3 新田

        (清水・宮本(1-4), 北口・浅野(1-4), 原・櫻田(1-4))

 

優勝校の新田高校相手に全力を出し切りましたが、実力で勝る相手の素晴らしいプレーに完敗してしまいました。

初めての県選抜大会出場。選手たちも本校体育館を利用して、毎日夜遅くまで必死に練習を重ねてきました。

大会の雰囲気に飲まれることの多い三瓶高生ですが、試合中も選手たちは緊張することなく、伸び伸びとプレーすることができていたように思います。

 

試合後の選手の言葉からは、試合結果および今回の貴重な経験からわかる、個々の明確な課題が意識できていました。

ここからまた春の総体予選に向けて、冬のトレーニングが始まります。

今回の経験を糧にし、また一つ大きな目標に向かって努力していきたいと思います。

応援ありがとうございました。

 

                                 

                                 

 

 


2017年11月22日(水曜日)

愛媛県卓球新人大会

カテゴリー: - 10mikame @ 19時50分20秒

11月18日(土)、19日(日)に愛媛県卓球新人大会が開催されました。

男子は団体戦で西条農業と対戦し、1−3で惜しくも敗れました。接戦を落とし、悔やまれる敗戦です。

今後の飛躍に期待したと思います。

 

                                 

                                 

 

女子は個人戦で2年2組大和田愛菜さんが1回戦で今治南に3−2で勝ち、2回戦で宇和島東に敗れました。

団体戦は、1回戦新居浜商業に3−1で勝ち、2回戦で準優勝した今治南高に敗れました。

個人戦、団体戦ともに、あと1つの勝利で選抜予選に出場できるところまで来ています。

今後、さらに上を目指して頑張りたいと思います。

 

                                

                                

                                


2017年11月4日(土曜日)

県大会団体初勝利!

カテゴリー: - 10mikame @ 18時26分38秒

男子ソフトテニス部です。

 

11/3(金)、11/4(土)の2日間、今治市営スポーツパークテニスコートにて愛媛県高等学校新人大会ソフトテニス競技が開催されました。

 

<大会成績>

 

[個人戦] 1回戦 北口・浅野(三瓶) 0−4 上中・児玉(新田)

 

個人戦の北口・浅野ペアはシードの新田高校ペアを相手に力の差を見せつけられ、1ゲームも取れないまま試合を終えることになってしまいました。

 

[団体戦] 1回戦(シード) 三瓶 2−1 新居浜西

     (清水・宮本 4−2, 越知・櫻田 2−4, 北口・浅野 4−3)

 

     準々決勝 三瓶 0−2 松山工業

     (原・木野 0−4, 北口・浅野 3−4)

 

1回戦は、1試合目の清水・宮本ペアが落ち着いた試合運びでポイントを重ね、勝負所のデュースゲームを落とすことなく勝てたことが大きな勝因です。

1番手ペアとの対戦だった越知・櫻田ペアも相手後衛を苦しめる粘りのラリーを見せましたが、攻めきることができないまま敗戦してしまいました。

大事な3番勝負を託された北口・浅野ペアは試合の立ち上がりにミスを連発し、苦しい展開のまま試合が進みました。

しかし、気持ちを切り替え徐々に本来のプレーを見せ始めることができ、最後はファイナルセットをもぎ取り、

 

−1でシード校の新居浜西相手に勝利することができました。

 

準々決勝で松山工業に敗戦してしまいましたが、県大会ベスト8という成績は、ここ5年間にはない素晴らしい成績を残すことができました!

 

県大会になると力を出せない三瓶高校。過去5年間は一度も県大会で勝つことができていませんでした。

しかし今日は、相手の強さに関係なく「自分たちのベストプレーを出し切ること」に集中し、チーム全体が最後まで強い気持ちを持ってプレーできていたように思います。

大きな声で選手を励ますチームメイトの姿に、少しずつではありますが、チームとしての結束の強さを感じるようになってきました。

今大会の結果により、選抜大会や冬季大会への出場権も得ることができました。

今日得られた収穫と課題を再確認し、冬季練習のトレーニングと並行しながら、また練習を重ねていきたいと思います。

 

最後になりますが、遠方の今治市まで応援に来て下さった保護者の皆様、地域の方々にお礼申し上げます。本当にありがとうございました。

 

 

                                 

                                 

                                 


2017年9月10日(日曜日)

辛勝

カテゴリー: - 10mikame @ 18時41分16秒

男子ソフトテニス部です。

 

9月9日(土)、10日(日)の2日間、宇和島市丸山公園庭球場において、新人大会南予予選が開催されました。

 

<大会結果>

【個人戦】

(1回戦)

越知・櫻田 4−0 高岡・森田(大洲)

原・有馬  3−4 宮崎・上田(大洲)

浅野・山本 2−4 夏目・山下(吉田)

(2回戦)

北口・浅野 4−3 下柳・蔵本(内子)

越知・櫻田 4−2 松本・松井(八幡浜工業)

清水・宮本 3−4 宇都宮・宇都宮(八幡浜)

木野・濱田 4−2 保木・兵頭(宇和)

浅井・石峯 0−4 橋本・上野(川之石)

(3回戦)

北口・浅野 4−0 濱・佐々木(吉田)

越知・櫻田 2−4 横田・山口(宇和島東)

木野・濱田 1−4 井上・松本(八幡浜)

(4回戦)

北口・浅野 2−4 井野・田中(八幡浜工業)

 

【団体戦】

(2回戦) 三瓶 1−2 大洲 (清水・宮本 4−0,北口・浅野 0−4,越知・櫻田 2−4)

(5・6位決定戦) 三瓶 1−2 八幡浜 (北口・櫻田 4−3,越知・浅野 1−4,清水・宮本 1−4)

(7・8位決定戦) 三瓶 2−0 内子 (清水・宮本 4−3,北口・櫻田 4−3)

 

 

個人戦では北口・浅野ペアが県大会出場権を獲得しました。

 

団体戦も7・8位で県大会出場の権利を得ることができました。

 

チームとして「個人・団体ともに県大会出場」という最低限の目標は達成できましたが、試合内容は決して良いものではありませんでした。

選手全員が、今大会の結果には満足していないと思います。

課題が試合でも浮き彫りとなり、大事な場面でその弱点が露呈してしまうケースが多くありました。

チームとしても、まだまだ成長しなければならないことを痛感しました。

県大会までの期間、もう一度技術と体力を鍛え直し、ひと回り成長したいと思います。

大会に応援に駆けつけて下さった皆様、本当にありがとうございました。

 

                                

                                

                                


2017年8月6日(日曜日)

ソフトテニス夏季大会県大会

カテゴリー: - 10mikame @ 19時48分56秒

男子ソフトテニス部です。

 

8月2、3日に行われたソフトテニス夏季大会南予地区予選で勝ち上がった団体戦の県大会が、本日今治市営スポーツパークテニスコートで行われました。

 

<大会戦績>

三瓶 0−3 西条   三瓶 0−3 伊予

 

南予予選を準優勝で勝ち抜き、勢いそのままに県大会へ臨みましたが、力を出し切ることができないまま大会を終えることになりました。

県大会になると力を出し切れないことが多い三瓶高校。足が動かず、消極的なプレーでミスを誘発する悪い流れが続きました。

実力はほとんど変わらない相手でしたが、結局全ペア敗戦という厳しい結果になりました。

この壁を越えないことには、次のステージはありません。悔しさを忘れず、また一から練習に励みたいと思います。

 


2017年8月3日(木曜日)

平成29年度高校ソフトテニス夏季大会南予予選

カテゴリー: - 10mikame @ 19時44分18秒

男子ソフトテニス部です。

8月2日(水)、3日(木)の2日間、ソフトテニス夏季大会南予予選が大洲平野総合運動公園テニスコートで行われました。

 

<大会成績>

【個人戦】

(1回戦)

浅井・石峯 0−4 正岡・宮田(内子)

浅野・山本 3−4 日高・小島(八幡浜工業)

木野・濱田 0−4 緒方・小原(川之石)

原・有馬  1−4 菊池・青石(八幡浜)

越知・櫻田 2−4 横田・坂本(宇和島東)

清水・宮本 4−2 岡本・菅原(南宇和)

北口・浅野 4−0 上田・三瀬(大洲)

(2回戦)

清水・宮本 2−4 福岡・山口(宇和島東)

北口・浅野 0−4 山本・砂田(南宇和)

(敗者復活1回戦)

清水・宮本 2−4 濱崎・佐々木(吉田)

北口・浅野 1−4 重田・清家(北宇和)

 

個人戦は思うような結果が得られず、県大会に出場することができませんでした。

1番手の北口・浅野を筆頭に、実力は他のペアと変わらないにもかかわらず、大事なポイント、ゲームを落としてしまったり、簡単なミスで自滅して

しまったり、思うような試合運びができなかったことが敗因です。経験値の少なさから来る、精神面の弱さが露呈してしまいました。

 

【団体戦】

(予選リーグ)

三瓶 3−0 大洲   三瓶 3−0 吉田   リーグ1位通過により、決勝トーナメントへ

(準決勝)

三瓶 2−1 南宇和 (北口・浅野 4−2  清水・宮本 3−4  越知・櫻田  4−3)

(決勝)

三瓶 0−2 川之石 (北口・浅野 2−4  清水・宮本 2−4)

 

 

団体戦で見事、準優勝をすることができました!

 

昨日の悔しさを胸に、今日は最初から落ち着いた試合運びができました。

準決勝はまさに一進一退の攻防が続きましたが、最後の1点が入るまで集中力を切らさなかったことが勝因だと思います。

決勝は川之石に完敗しましたが、堂々の2位だと思います。

 

 

今大会では、自分たちの強さと弱さの二面性の見えた大会でした。今年はどのペアも実力が拮抗しており、勝つチャンスもあれば、負ける恐ろしさも

あります。そのゲームでどれだけ自分たちの試合ができるかが勝敗を左右します。個人個人の課題も見つかった今大会の反省を生かし、まずは県大会

で良い結果を出せるようにがんばっていきたいと思います。

 

最後になりましたが、35℃を超える猛暑の中、応援に来ていただいた保護者の皆様、本当にありがとうございました。

 

                                 

                                 

 


2017年7月9日(日曜日)

平成29年度国民体育大会県代表一次予選会

カテゴリー: - 10mikame @ 08時54分47秒

男子ソフトテニス部です。

平成29年度国民体育大会県代表一次予選会が、昨日松山中央公園テニスコートで行われました。

各校3ペアずつ出場できる大会であり、本校からも1,2年生の3ペアが出場しました。

 

<大会結果>

【1回戦】

清水・櫻田 1−4 豊島・伊藤(松東)

越知・宮本 4−0 篠原・乙井(松西)

【2回戦】

越知・宮本 0−4 石川・森川(川之江)

北口・浅野 4−3 浜田・福井(宇南)

【3回戦】

北口・浅野 4−2 井上・松本(八幡浜)

【4回戦】

北口・浅野 4−2 武花・古谷(宇東)

【準々決勝】

北口・浅野 4−3 白石・日野(西条)

【準決勝】

北口・浅野 0−4 木村・武内(宇東)

 

 

本校一番手の北口・浅野ペアが、見事第3位に入りました!

 

新チーム、新ペアとなって初めての大会であったため、結果を気にせず、チャレンジャーの気持ちを持って伸び伸びとプレーすることに集中したことが

功を奏し、実力以上の結果を得ることができました。

簡単に勝てる試合は1試合もありませんでしたが、苦しい戦いの中でベストプレーができたことがこの結果につながったと思います。

高い目標を持って努力してきた本人たちにとっても、大きな自信につながったと思います。

 

ベスト4に入ったため、来週15日(土)に行われる最終選考会に出場します。

敗戦した準決勝の相手とのレベルは、とても大きな差であることを痛感しました。

より高いレベルのプレーを経験することで、また一つ成長してほしいと思います。

 

北口君、浅野君、おめでとう!

 

                                 


2017年6月5日(月曜日)

勝つことの難しさ

カテゴリー: - 10mikame @ 19時17分12秒

男子ソフトテニス

<個人戦>

1回戦  宮本裕・田中雅(三瓶) 2−4 眞鍋・伊藤(新居浜工)

<団体戦>

1回戦  三瓶 1−2 新居浜工

 

個人・団体戦ともに、1回戦突破を目標に戦いましたが、どちらも惜敗する結果となってしまいました。

実力的には拮抗している相手であっただけに、粘り負けの悔しい敗戦となってしまいました。

試合後に涙を流す選手の姿を見て、改めて勝つ喜びを経験させられなかった監督の責任を痛感しました。

 

3年生は昨日をもって、部活動を引退することになりました。本当に3年間よく頑張ったと思います。

昨日の最後の団体戦では、2敗して敗戦が決まってしまったにもかかわらず、最後の試合が終わるまで仲間に対して

声を出し続けていたベンチの3年生の姿がとても印象的でした。その結果、意地の1勝を勝ち取ることができました。

 

主力としてチームを引っぱった者、ポジションが変わった者、今年は高校からソフトテニスを始めた選手もいました。

6人それぞれが自分の立場を理解し、自分の課題を解消するために、ときに仲間として、ときにライバルとして、

昨日まで必死に頑張り、全員が一つになって強い気持ちで大会に臨みました。

それでも、勝つことは本当に難しいものでした。

この経験を、3年生には次のステージで生かしてほしいと思います。

 

今日から新チームとなり、先輩たちの悔しさを引き継ぎ、また一から練習していきたいと思います。

暑い中応援に来てくださった多くの方々に、この場をお借りしてお礼申し上げます。

本当にありがとうございました。

 

kensoutaitennsi4.JPG kensoutaitennis5.JPG

kensoutaitennis3.JPG kensoutaitennis8.JPG

kennsoutaitennis1.JPG kensoutainennis2.JPG

 


2017年5月5日(金曜日)

第46回 伊藤旗高校ソフトテニス大会

カテゴリー: - 10mikame @ 16時52分24秒

男子ソフトテニス部です。

 

本日、津島プレイランドにて、第46回伊藤旗高校ソフトテニス大会が開催されました。

 

本校からは8ペア出場し、宮本裕・田中雅ペアが見事3位になりました!

 

南予総体後はあまり調子が上がらず、今大会もミスが多い試合が続きましたが、粘り強く準決勝まで

勝ち上がることができました!

準決勝では相手ペアに力負けしてしまい、県大会で勝つための大きな宿題を得ることができました。

 

また、2番手以降のペアの結果は厳しく、なかなか勝ち上がることができませんでした。

団体戦に向けてもまた、練習を頑張らなくてはいけません。

 

県総体まであと1ヶ月を切りました。この仲間とプレーできる楽しさや感謝の気持ちを忘れることなく、

大会までの期間を大切にしてほしいと思います。

 

  h29tennisitoki1.JPG    h29tennisitoki2.JPG


2017年4月23日(日曜日)

自分を信じて 仲間を信じて

カテゴリー: - 10mikame @ 15時18分56秒

男子ソフトテニス部です。

愛媛県高等学校総体南予地区予選が大洲平野運動公園テニスコートで行われました。

22日(土)に個人戦、23日(日)に団体戦が行われました。

 

<大会成績>

[個人戦]

(1回戦)

菊池・浅野(三瓶) 4−0 山下・森(八幡浜工業)

山下・櫻田(三瓶) 4−3 大平・小原(川之石)

原・木野(三瓶) 4−0 山下・和家(吉田)

越知・山本(三瓶) 4−0 山本・上原(南宇和)

木村・田中拓(三瓶) 1−4 久保田・吉村(南宇和)

清水・宮本竜(三瓶) 1−4 宮本・宇都宮(八幡浜)

北口・濱田(三瓶) 0−4 菊池・菊池(八幡浜)

(2回戦)

宮本裕・田中雅(三瓶) 4−3 西田・吉村(津島)

菊池・浅野(三瓶) 1−4 大野・高木(北宇和)

山下・櫻田(三瓶) 3−4 桂・坂本(宇和島東)

原・木野(三瓶) 0−4 山口・上野(川之石)

越知・山本(三瓶) 0−4 山本・久保(大洲)

(3回戦)

宮本裕・田中雅(三瓶) 4−2 岡本・山口(南宇和)   県大会出場権獲得!

 

(決勝トーナメント1回戦)

宮本裕・田中雅(三瓶) 4−0 片山・兵藤(八幡浜)

(決勝トーナメント2回戦)

宮本裕・田中雅(三瓶) 4−2 新谷・田中(宇和島東)

(準々決勝)

宮本裕・田中雅(三瓶) 4−3 石原・加藤(川之石)

(準決勝)

負傷のため、棄権により敗退

 

本校1番手の宮本裕・田中雅ペアが、見事個人戦第3位となりました!

 

初戦はミスもあり、苦しみながらもなんとか勝利をおさめましたが、そこからは怒濤の快進撃を見せました!

決勝トーナメントでは第一シードのペアを倒し、勢いそのままに準決勝まで勝ち上がることができました。

 

宮本裕・田中雅ペアは昨年はなかなか勝ちきることが出来ず、苦しい結果が続いていました。

それでも冬場の練習に真面目に、そしてひたむきに取り組み、少しずつペアとして成長していきました。

大会で自信を持ってプレーする姿に、彼らの課題であった精神面の弱さを本番で見事克服できたと思います。

最後は負傷棄権となりましたが、目標をはるかに超える第3位に、本人たちも喜びでいっぱいの表情でした。

 

[団体戦]

(1回戦) 三瓶 3−0 宇和島南   県大会出場権獲得!

(2回戦) 三瓶 0−3 宇和島東

 

団体でも県大会出場権を獲得することができました!

 

昨日の勢いをそのままに、宮本裕・田中雅ペアを軸に、1回戦は自分たちのプレーをすることができました。

2回戦の宇和島東戦では実力差を感じる結果となりましたが、見つかった課題にまた明日から練習で取り組んでいきたいと思います。

 

2日間、暑い中応援してくださった先生方や保護者の皆様、地域の皆様に心から感謝したいと思います。

本当にありがとうございました!

 

tennisnanyo1.JPG  tennisnanyo2.jpg

 

                                

 


2017年4月6日(木曜日)

テニスコート

カテゴリー: - 10mikame @ 17時26分39秒

春休みの期間に、テニスコートを整備していただきました。

ソフトテニス部員一同、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

ラインテープも昨日貼り直し、きれいに整備されたコートで今日は練習を行いました!

 

newtenniscoat1.JPG  newtenniscoat2.JPG

 

2週間後に控える総体予選に向けて、ソフトテニス部は春休みも毎日一生懸命練習しています。

コート環境が良いことは練習の質の向上だけでなく、ケガの防止にもつながります。

環境を整備していただいた事に感謝の気持ちを忘れず、大会で良い結果を残せるように頑張っていきたいと思います!


2016年12月27日(火曜日)

ジオツアー12.21

カテゴリー: - 10mikame @ 20時24分09秒

自然科学部です。

 

今回のジオサイトは、大野ヶ原です。標高1000mを超える高地のため、前週に降った雪が道路の両側に残っていました。

   

1221giotour7.JPG

 

石灰岩地帯の特徴であるカルスト地形を、道路から見ることができます。牧場の乳牛は、寒さのため牛舎に入っており、

放牧されている様子は見ることができませんでした。

源氏ヶ駄馬の原生林に通じる道路は、積雪のため封鎖されていたので、入り口を眺めるだけでしたが、夏に来れば

ブナの原生林に入ることができるので、またの機会を楽しみにします。

 

1221giotour6.JPG  1221giotour1.JPG  

 

石灰岩の窪地に水が溜まってできたドリーネの小松ヶ池の水は凍っていました。1cm以上の厚い氷が張っていて、

三瓶との標高差にあらためて気づかされました。

 

1221giotour5.JPG

 

次に、羅漢穴という鍾乳洞を訪ねました。洞窟内は狭くて暗いので、ヘルメットと懐中電灯を持参して探検しました。

コウモリが冬眠している様子を観察でき、どこまで続いているか分からない奥深い洞窟の神秘に感動しました。

今回は時間の関係で途中で引き返しましたが、時間があれば、もっとゆっくりと探検したいと名残惜しい気持ちで

羅漢穴を後にしました。

 

1221giotour2.JPG  1221giotour3.JPG

1221giotour4.JPG

 


2016年12月22日(木曜日)

ジオツアー12.11

カテゴリー: - 10mikame @ 19時56分56秒

自然科学部です。

 

12/11にジオツアーに行きました。今回のジオポイントは、城川町です。

まず、城川町田穂の石灰岩にアンモナイトが見つかった場所です。

入口がわかりにくくて迷いました。アンモナイトの化石は、城川地質館に展示されていました。

 

  1211giotour2.JPG  1211giotour1.JPG

 

次に訪れたのは、城川町川津南の穴神鍾乳洞です。

縄文前期の遺跡もあり、よく整備された洞窟内を探検しました。コウモリが冬眠している場所もあります。

 

1211giotour3.JPG

 

最後に訪れたのが、三滝にある城川地質館です。

西予市内だけでなく、日本各地、さらに世界中から集めた化石とそのレプリカが展示されていて、大変見応えがありました。

ジオパークの学習にとても役に立ちました。

 

1211giotour4.JPG  1211giotour5.JPG

 

 


2016年12月5日(月曜日)

自然科学部 ジオ通信

カテゴリー: - 10mikame @ 16時20分47秒

 

〜四国西予ジオパークについての講義〜

 

ジオパーク推進室から中村千怜先生にお越しいただき、西予ジオパークについて詳しく講義をしていただきました。

西予ジオパークの各サイトの特徴や、各地質時代の特徴、さらに化石で見つかっている古生物を古い順に並べ替える

ワークショップなど、豊富な内容で、部員たちも興味を持つことが出来ました。

これからの部活動での研究に向けて、大変有意義な講義でした。

中村先生、お忙しい中お越しいただきまして、ありがとうございました。

 

geonewsletter11.JPG  geonewsletter12.JPG

 

geonewsletter13.JPG  geonewsletter14.JPG


2016年11月18日(金曜日)

ジオツアー

カテゴリー: - 10mikame @ 16時09分15秒

geotour1.JPG  geotour3.JPG 

 

 

文化祭も終わり、自然科学部では、四国西予ジオパークの研究を開始しました。

 

午後からまず、三瓶町第一のジオスポット「須崎海岸」に出かけ、4億年前の地層が露出している奇岩を観察しました。

 

海岸に転がっている石を採取し、サンゴの化石がないか探しましたが、凝灰岩の地層の間に白い石灰岩層があれば、

見つかる可能性があるそうです。

 

 

geotour5.JPG  geotour6.JPG

 

 

次に、三瓶第二のジオサイト「さざえが岳」に登りました。

見晴らしのよい頂上からの三瓶湾の風景と、チャートが露出した独特の岩盤が露出している様子に見とれました。

 

geotour4.JPG

 

これからも積極的に活動していきたいと思います。

 


Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

お知らせ
事務室より