R01三瓶高校日記

街頭指導

ここ数日、風が強い日が続いていますね。

今日は街頭指導でしたが、あいにくの雨と強風。

一緒に立っていた地元の方からも、「旗も1週間よくもったなあ」との声がありました。

駐輪場を見ると、自転車で登校した生徒も少ない様子。自分の担当地区では、男子生徒1人を見かけただけでした。

今年は雨の多い夏になる可能性が高いのニュースを聞きました。

土砂災害等も他人ごとと思わず、準備と心構えを

明日から始まる考査についても…、言わずもがなですね。

 

全校集会

先週の金曜日に全校集会がありました。
今回の内容は、①表彰伝達 ②交通安全委員会発表 ③校長講話 です。


①表彰伝達では、使い捨てコンタクトレンズ空ケース回収活動と、陸上部の南予総体等の表彰がありました。
 みんなの日頃の活動がしっかりと成果となって現れています。とても嬉しいことです。


 
②交通安全委員会から、交通マナーについての発表がありました。
 クイズを取り入れながら、全校で交通安全に向けて交通マナーの確認をしました。
 自分だけでなく、みんなが安全に過ごせるように、交通安全に心掛けていきたいと思います。


③校長先生から、三瓶高校の分校化についてお話がありました。
 残念ながら、三瓶高校は来年度から分校になることが決まりました。
 しかし、私たちの学校を守るために、私たちがいろいろな場面で活躍することで三瓶高校の魅力を周囲に伝えて、
 一人でも多くの入学生が来てくれるように、みんなで協力していきたいと思います。

 

5月も中旬、夏が近いことを感じさせるような陽気になってきました。
三瓶高校生は今日も頑張っています!

平常授業

本日は、5月に入って初めての行事が何もない日です。そこで、日常の三瓶高校を紹介します。

平穏な校内・グラウンドも中庭も平静そのものです。

 

の様子。 陸上部の生徒が指導を受けています。今朝のあいさつ当番は野球部です。

 

8時25分、あいさつ当番の役割は終了しました。

 

休み。それぞれの学年の教室で昼食をとり、友人と楽しんでいます。

 

 

先輩の保健委員が後輩に指導に来ました。         図書室では図書委員が毎日の役割を果たしています。

 

清掃は、人数が少ないので生徒も教員もてきぱきと行っています。

 

 

三瓶高校の日常でした。明日からまた、行事があるので、関連した内容を中心にアップしていきます。

 

 

 

2年生調理実習

今日の③④時間目の「家庭総合」の時間に、2年生は調理実習を行いました。

「いただきます!!」をして               それぞれおいしくいただきます。

 

 野球部3名には量が少ないかも!?            女子生徒3名には少し多いかも!?

 

 あまりのおいしさに!?、笑顔がこぼれます       みんなで食べればさらにおいしく!!

 

 食べ終わったら片づけです!!             見えないとこまでしっかりと!!

 

2年生の保護者・ご家族の皆さん、今度の土曜・日曜日あたり、お子様に

「美味しい豚の生姜焼きとニラ・モヤシ炒めが食べた~い!!」

とつぶやいてみてはいかがでしょう・・・

 

 

 

 

電子黒板を使ってプレゼンに挑戦!

本日は、一学期中間考査の時間割発表日です。

特に一年生にとっては高校生活はじめての考査です。

いつも以上にしっかり学習時間を取って勉強しましょう。

 

さて、本校では、夢叶室(ゆめラボ)に電子黒板ワイードが設置されています。

生徒が書いた文章や教科書がホワイトボードに写され、大変便利な機能となっています。

今日は2年生Ⅱ型「現代文B」の授業で電子黒板を用いたプレゼンに挑戦しました。

 

 

中島敦『山月記』を題材に、主人公、李徴が人間から虎になっていく心情を、教科書の表現をもとに、

紙芝居風にまとめ、発表しました。

11人という少人数の授業であるので、質問やコメントが飛び交い、生徒たちは生き生きと授業を受けることができました。

 

 

 

PTA参観日・総会 進路講演会

 本日は土曜日ですが、本校では、PTA参観授業・各種委員会・総会、進路講演会、学級懇談会が行われ、「The PTA DAY」でした。

 参観授業では、参加されたたくさんの保護者も興味津津、生徒も心なしかいつもより生き生きと活動し、どの授業も笑顔が絶えない楽しい授業でした。

中には、マンツーマンの数Ⅲの授業もあり、保護者と机を並べてはにかむ生徒の微笑ましい光景も見られました。

 

 

 参観授業と途中から並行して行われたPTA各種委員会では4つの委員会で活発な意見交換が行われ、建設的な意見が出て総会でその内容が報告されました。

 総会では様々な話し合いと議決が行われましたが、星川校長先生の分校化についての内容を含めた挨拶の後、新役員代表として挨拶に立たれた清家剛新会長からの、「たとえ三瓶高校が分校となっても、PTAとしては(学校の存続と魅力化に向けて)地域とともに全力でやれることを精一杯やる。」という力強いお言葉に、教職員一同勇気をいただきました。総会後は、保護者対象の進路講演会が行われ、講師のJSコーポレーションの立道周三先生から、進学と就職に関する多岐にわたる有益な情報をいただき、保護者のみなさんは熱心に耳を傾けておられました。その後、各クラスで学級懇談会が行われました。

 分校化が決定しても、いつも通り明るく元気な三瓶高校は、「新たなる道に向かい学校・保護者・地域一丸となって力強く歩んでゆく!」という決意を新たにした一日となりました。

 

 

 

 

 

 

ALT来校

昨日とは違い、本日は暖かく過ごしやすい気温でした。冬服から合服に替わった生徒もちらほら・・・。

寒暖差に気をつけて下さいね。

 

今日は1年生の英語の授業風景を。

 ALTの先生が来校され、明るい雰囲気の中で楽しく英語を学んでいました。

 

  

 

 

 

内容は、一人の生徒が写真に写っているものを英語で説明し、もう一人がそれを絵にするというペアワーク。

知っている単語を駆使して一生懸命説明する姿が見られました。

伝える側の英語力、受ける側の想像力と画力が試されます。

 

出来上がった絵を見てみると・・・。

 

 

 

なかなかの仕上がりですね(汗)。

語の日

参加した生徒全員が一生懸命歩き、完歩を達成したサバイバルウォークから一夜明けて、、、

各学年で欠席者!全員元気に登校しました。素晴らしい!(足腰の痛みはあるかもしれませんが、、、)

約20kmを歩きぬくことも大切ですが、その後の授業態度や生活態度をきちんとすることも同じように大切ですよね!

そして本日は今年度第2回目の語の日でした。

今回は人権委員長の西川君が寄稿した「いじめや差別についての思い」を図書委員の片山さんが朗読しました。

その中に、外国人労働者への懸念がありました。

日本社会には「日本とは違う多様な文化に接する機会が少なく、その違いを受入れ難い」という現状が有ります。

外国人労働者の受入が決まった日本で、外国人労働者への偏見や差別はあってはならないと考えます。

頭では「多様性を認め、違いがあることを受け入れる」ことが必要だと理解していると思います。

しかし、本当に大切なことは、「実際に行動に移す」ことができるかどうかです。

みなさんはどうでしょうか??

 

お知らせ:「各種たより」は上部メニューの「学校紹介」内にありますので、ぜひご覧ください。

サバイバルウォーク

本日、天候にも恵まれ三瓶高校伝統のサバイバルウォークを実施しました。

今年度のコースは、3コースの中でも一番長く高低差の激しい宇和コースでした。

いつもお世話になっている地域への恩返しも含め、清掃活動をしながら宇和運動公園を目指しました。

 

  

 

 

午後は、日差しも強く汗ばむ気温となりましたが、友人と語り合いながら運動部はランニングもしながら三瓶高校を目指しました。

 

  

 

 

3年生は3年間で3つのコースを歩きました。1・2年生は来年も違うコースを歩きます。

それぞれ町内の色々な景色を見れるのもこのサバイバルウォークの特徴です。

 今日はゆっくり休んで、また明日から気持ちを切り替え勉学に部活動に頑張りましょう!!

 

1年生「国語総合」の授業風景

 さわやかな5月らしい快晴の今日、大型連休が終わり、いつもの三瓶高校に戻りました。心配されていた大きな事故などもなく、全員登校できていました。

 

 今日は1年生の国語総合での授業風景をご紹介します。随想の単元で手塚治虫さんの「世界は謎に満ちている」という文章を扱いました。この文章で手塚さんは、ナスカの地上絵などを例にしながら、世界中に存在する謎や不思議に対して好奇心を持って、仮説を立てて見ることの大切さを主張されています。本日の授業では、発展学習として実際に謎や不思議に対して仮説を立てて、発表するという活動を行いました。今回教材として使用したのは、『三瓶町誌 下巻』(三瓶町誌編さん委員会・昭和58年7月発行)のなかにある、三瓶町の町名由来の伝説です。まずは伝説の中の不思議や謎を見つけ、文章化した仮説を原稿にまとめる作業をしました。

 

 いよいよ発表です。今回は原稿を読みながらの発表でしたが、どの生徒もしっかりと大きな声で発表できています。

 

 

 

 町名由来の伝説という一つのお話から、一人一人がそれぞれの不思議や謎を感じ取り、柔軟な発想でいろいろな仮説を立てることができていました。もし、今日の授業がふるさとを見つめ直すきっかけになったらうれしいです。