R01三瓶高校日記

ジオガイド

 本校の「自然科学部」と2年生の総合的な学習「ジオガイド班」が、8月13日の「奥地の海のかーにばる」で、

「高校生ジオクルーズガイド」に挑戦します。今日は、その準備の様子を少しご紹介します!

 「自然科学部」は、先日、西予市役所の方にご協力いただきながら、西予ジオパークの岩石標本を作成し、

 須崎海岸に調査に行ってきました。実際に須崎海岸の地層を見て触って、楽しく学べていました! 

   

   

 「ジオガイド班」も、須崎海岸で地域のジオガイドさんから、ガイドするポイントを学んでいます。

 次回から、いよいよ自分たちがガイドする原稿作りにとりかかります!みんなやる気十分! 

   

   

 多くの地域の方々にご協力いただき、準備を進めることができています。

 ありがとうございます。

 高校生によるジオクルーズガイド、お楽しみに!

 

宇和高校吹奏楽部定期演奏会に賛助出演しました!

 

6月16日(日)、西予市宇和文化会館で行われた宇和高校吹奏楽部定期演奏会「桜が丘コンサート」に賛助出演させていただきました。

今回で13回目となる桜が丘コンサート。

吹奏楽部の演奏だけでなく、宇和高校の先生方によるパフォーマンスや音楽選択生も加わった合唱など、様々な工夫を凝らした素敵な演奏会でした! 

 

第2部に演奏した「沖縄ポップ・コレクション」では、本校吹奏楽部の植田さんにもソロを担当させていただき、観客の皆様を前に堂々と演奏することが出来ていました。

暖かく迎え入れてくれた宇和高校吹奏楽部のみなさん、コンサートにご来場いただいたみなさん、ありがとうございました!

 

校内外では…。

 

 朝、ふと谷道川を見ると、久しぶりに水の流れが。

 来月の奉仕活動に向けて、本校の職員も準備を少しずつ進めています。

 

 中庭の池付近には、本校の校歌にも出てくる「はまゆう」が根付いています。

この「はまゆう」はヒガンバナ科、常緑の暖地性海浜植物で、夏の海辺を彩る涼しげな花として古く

から親しまれています。県内のある島では保全活動が行われるなど、生息域は減少しているようです。

 

 たくましく、葉を広げ、花を咲かせる準備をしているのは、「はまゆう」だけではありません。

 雨にもまけず、風にもまけず、模試や朝夕の肌寒さにもまけぬ、丈夫な体を持っている三高生、

 朝は静かに読書からスタートさせ、放課後は、検定や考査に向けて学習する姿がありました。

 

 特に3年生にとっては勝負の年です。皆の努力が結実することを願ってやみません。

 

人権・同和教育ホームルーム活動

本日は、6限目に第1回目の人権・同和教育ホームルーム活動が行われました。

 

  

 

 1年生は、「差別の現実に学ぶ~さまざまな人権問題を学習するにあたって~」というテーマで行われ、自分や他者の良さを発見するとともに、様々な人との出会いによって価値観が変わっていくことを学んでいました。

 

  

 

2年生は「人権の歴史―つくられた差別―」というテーマで、部落差別のおこりについて歴史的背景をもとに知識を深めました。

 

  

 

 3年生は、「差別の解消Ⅰ―進路選択と就職差別―」というテーマで、就職試験を控えている中でもし差別につながる質問に出会ってしまったときの対処について学んでいました。
 どの学年も、活発な意見が出ていて、充実した時間となりました。これからも人権意識を高めていけるよう普段の生活に生かしていきましょう。

四国総体壮行会

 

今日は、全校集会で四国総体壮行会が行われました。

まずその前に、小さな親切運動、県総体、南予総体、町内卓球大会の表彰伝達がありました。

三高生のいろいろな場面での活躍はいつも頼もしいかぎりです。

続いて、四国総体の壮行会が行われました。

6月15日(土)から17日(月)まで徳島県の鳴門総合運動公園陸上競技場で開催される

四国高等学校陸上競技対校選手権大会の男子400mハードルに、陸上競技部の清家康太君が出場します。

まず、校長先生から

「心・技・体を極めた成果です。全校生徒、仲間みんなが応援しています。

 最高のパフォーマンスを発揮できるよう頑張ってきてください。」と激励の言葉がありました。

次に、生徒会長の有馬君から、

「毎日辛い練習を頑張る姿をずっと見てきました。康太君のその努力の成果です。

 リラックスして自分の走りをしてほしいです。」と仲間としての暖かい言葉がありました。

それに応えて、清家君が、

「しっかり自分の走りをして、今まで支えてくれた人に感謝の気持ちを伝いたい。」と

四国総体に向けての抱負を述べました。

最後に、野球部がリーダーとなって力強いエールが送られ、全員で校歌を熱唱しました。

男子400mハードルは、6月16日(日)に、11:10から予選、13:20から決勝が行われます。

清家君には、気負うことなく、自分本来の走りをして、今まで練習してきたもの全てを出し切ってほしいと思います。

それがきっと素晴らしい結果につながると信じています。

三瓶高校みんなで応援しています!! 頑張れ清家康太君!!

2年生総合学習

本日、2年生は5,6限目が総合学習の時間でした。それぞれの班に分かれ、研修を行いました。

防災班は、三瓶の避難場所、防災施設を訪れました。

 

 

ジオガイド班は、ジオパークを訪れ研究しました。

 

 

文楽班と邦楽班は、かんなフラワーのあと、それぞれの活動を行いました。

 

 

今後もこの活動を続け、三瓶の将来に役立ててもらいたいと思います。

 

第2回公開授業

本日は、今年度2回目の公開授業で、午前中①~④限目の授業を公開しました。

校内の教員の研修も兼ねており、外部から御来校いただいた方だけでなく、本校教職員も相互に授業参観をしました。

クラス全体の活気あふれる授業から、1講座1名や2名の少人数授業など、三瓶高校ならではの授業が展開されていました。

 

 

 

最後まで目を通してくれた方に、恒例の?いきなりクイズです。

本日の公開授業に外部から参観に来てくださった方の人数は何名だったでしょう?

 

①内緒です。

②言えません。

③6名

 

 答えは・・・

   皆さんの心次第です。

1年生総合的な探究の時間

 1年生19名は現在、総合的な探究の時間で「三瓶町のために私たちができること」という年間テーマを設定し、

課題研究に取り組んでいます。

4月は地域の課題および資源について学び、5月はそれぞれのグループで訪問先を決め、三瓶町の課題について、

その現状や町の声をインタビューしました。

 

7日(金)にはインタビューした結果をまとめ、現状を踏まえて私たちができることを考え、クラス内で発表会を行いました。

教頭先生にも来ていただき、講評をしていただきました。

 

インタビューに協力していただきましたマルウ水産・ひまわり保育園・三瓶支所・みのり園・三瓶本館・潮彩館の皆様、

ありがとうございました。

2学期に実施される就業体験では、このインタビューで伺ったことを踏まえて、三瓶町のために自分たちに何ができるのか

を常に頭に置いて、活動していきたいと思います。

 

3年生「国語表現」の授業

 今日は午前中から荒れた空模様で、激しい雷雨となっています。

 さて、今回は3年生Ⅱ類型a講座の「国語表現」の授業風景を紹介します。たった4人での授業ですが、週2時間、「書くこと」「話すこと」という国語の言語活動について、実践を交えながら学習しています。この数時間で、相手や目的に応じて書くことの大切さについて学んだ後、「全国の中学3年生に三瓶高校の魅力を伝える」というテーマで文章を書く活動を行いました。 

 まずは原稿作成です。相手を想定した表現や言葉遣いを考えながら、原稿用紙のマス目を埋めていきます。

  

 一度原稿ができたら、旧友に読んでもらい、アドバイスをもらいます。

  

 

  

 アドバイスをもとに、再び自らの文章に向き合います。

  

 最後に、完成した原稿を4人で読みあって、投票で最優秀作品を決定しました。今回、本人の許可をもらったので、最優秀に選ばれた作品を掲載します。ぜひご覧ください。

 

 全国の中学3年生の皆さん。皆さんは今、どこの高校に進学しようかと考えている頃だと思います。皆さんにとって高校はどんなところでしょうか。「勉強するところ」、「友達と一緒に活動するところ」などいろいろな考えがあるでしょう。もちろんそれも間違いではありません。しかし私はこう考えます。高校とは「自分の進路・夢を見つけ、実現するところ」です。

 高校1年生の時、何も夢を抱けなかった私は、どうしたらよいか分からずにとても悩んでいました。その時、三瓶高校の行事で「進路ガイダンス」という、大学や専門学校の先生方の授業を体験できるというものがありました。私はある専門学校の体験授業に参加したとき、「この活動はいいな。将来こんな仕事ができたらいいな。」と思うことができました。夢がなく悩んでいた私も、今では将来、建築士やインテリアコーディネーターの仕事に就きたいと思っています。

 夢が持てるようになったきっかけを三瓶高校は与えてくれました。しかし三瓶高校は、きっかけを与えるだけではありません。自分の進路に不安なとき、迷っているとき、常に先生が相談にのってくださいました。こんなすばらしい先生との出会うことができたのも、三瓶高校に入学したからです。

 皆さん、三瓶高校はいいところだと思いませんか。もし、この紹介文で三瓶高校に興味を持ってくれ、入学したいと思ってくれたら私は幸せです。皆さんの入学をお待ちしています。